fbpx
攻撃局面のゲーム分析
10,000円割引になります。 開始前にコースを購入してください...
0
0
0
0
Days
0
0
Hrs
0
0
Min
0
0
Sec

攻撃局面のゲーム分析

10,000円割引になります。 開始前にコースを購入してください...
0
0
0
0
Days
0
0
Hrs
0
0
Min
0
0
Sec

若手ステージでのパフォーマンスをどのように評価するか?

ライブイベントをお見逃しなく

"ウェビナーやコースに参加して、エキスパートコーチになりましょう

U13チームがゲームをしています。

まず、イニシエーションステージでは、コーチの目的がパフォーマンスではなく、選手たちがスポーツを楽しみながら練習していることを保証することであると考える必要があります。ただし、これは別の機会に取り上げるトピックです。次に、多くの場合、チームが素晴らしいレベルでトレーニングをしており、良いダイナミックにあり、選手とコーチがベストを尽くしていても、試合に負けており、リーグテーブルで望む位置にいないことを知ることが重要です。実際に最も重要なことは、私たちの選手、コーチ、トレーニングセッションを、選手たちが獲得した知識の量と質に基づいて評価し、試合の結果に基づいて評価しないことです。

評価を正しくアプローチできれば、間違っている点や、正しい方法で物事を行っていることを実現し、リーグテーブルで高い位置にいない唯一の理由は対戦相手のレベルのためであることに気付くでしょう。そしてこれは私たちがコントロールできない要素です。

試合中には、私たちの選手が行う何百ものアクションを評価することができますが、結果だけでなくプロセスに焦点を当てる必要があります。例えば、私たちのミッドフィールダーがパスを受け取り、試合の状況を分析し、オープンなチームメイトを見つけ、オープンなチームメイトにスルーパスをすることを決めるが、ボールが直接アウトに行くとしましょう。この場合、選手が情報検索(知覚)に基づいて評価される場合、プラスのフィードバックを受け取ります。なぜなら、選手は試合の状況を観察し、正しく決定したからです。オープンなチームメイトにボールを渡すことが最善の選択でした。機能しなかったのは実行部分だけで、それは週の間に取り組むことができます。

このため、どんな評価においても、最終結果だけでなく、全体のプロセスを考慮する必要があります。子どもがほとんどのプロセスを正しく実行し続け、週の間にパスの実行方法をよりよく学ぶ場合、個人のパフォーマンスが改善されるでしょう。

評価したいものが明確になったら、どのように行うかを知る必要があります。評価する最良の方法は、選手の行動を観察することです。これは、コーチ、スタッフのメンバー、またはビデオでアクションが記録されている場合には同じ選手によって行うことができます。重要なリソースは、評価と自己評価のフォームまたは登録シートを持ち、収集されたすべてのデータを比較したり結論を導き出すことができます。

以下に、トレーニングセッションで達成した学習を評価するためのプロトコルを提案します。例えば、「パス」の内容を評価したいとしましょう。まず、観察したいコンセプトを選ぶ必要があります。例えば、「チームメイトの次のアクションを可能にするためにボールを渡す」などです。それから、アクションが正しく実行されているかどうかを教えてくれる異なる指標を考える必要があります。例えば、「ボールを渡す前に選手が頭を上げて、チームメイトや対戦相手がどこに位置しているか情報を収集する」「2対1の状況で、ボールを渡す前に相手をピン止めしてチームメイトにより有利を与える」などです。私たちが選択するこれらの基準には、以下の2つの特徴が必要です:

✔ 「はい」または「いいえ」で答えられるものでなければならず、曖昧さがあってはなりません
​✔ 客観的でなければならず、「正しく実行された」または「正しく実行されていない」として分類される余地がないようにする必要があります。なぜなら、それぞれの観察者が異なる方法で見るからです。

「このため、どんな評価においても、最終結果だけでなく、全体のプロセスを考慮する必要があります」

しばしば、コーチとして個々の行動の合計によって得られた集団的な結果だけを評価する間違いを犯します。例えば、「ゲームを切り替える」内容を評価しているとしましょう。この集団的な指示のためにいくつかの指標を定めます:「ボールが片側のレーンから反対側に特定の回数以下のパスで移動すること」「最終的にボールを受け取る選手が最後のパスでラインを超えるか、超える利点を持つこと」「最後にボールを受け取る選手が、相手のフィールドで受け取るか、1対1の状況で相手を超えることなく相手のフィールドに到達する可能性を持つこと」。

この基準を使用してゲームを分析すると、私たちのチームがゲームをうまく切り替えることが非常に少ないという結論に達し、子どもたちにミーティングで説明し(最終的にはいくつかの映像を含めて)改善のためのトレーニングドリルを行うことができます。そして、これらのどれも間違っていないかもしれませんが、13歳以下の「個々の基本原則」と13歳以上の「ポジション別の個々の基本原則」のどれが適切に適用されていないかを特定しなければ、おそらく十分ではありません。この最後のステップが、集団的なパフォーマンスの向上を可能にする個々の発展を引き起こすものになります。

この短い記事では、選手に焦点を当てて、イニシエーションステージでのパフォーマンスの評価を分析し始めましたが、他にも分析すべき他の要因があることを考慮に入れることが非常に重要です。少なくともコーチの行動(形式的な側面、情報管理など)とトレーニングプロセス(コンテンツ計画、トレーニングドリルの設計など)を評価する必要があります。これらの他の側面については近い将来取り上げる予定です。

タイトル

Go to Top