fbpx

特定のコンテンツ: いつトレーニングを開始するべきか?

ライブイベントをお見逃しなく

"ウェビナーやコースに参加して、エキスパートコーチになりましょう

チームは特定のコンテンツに取り組んでいます。

年齢や段階について話し始める前に、「特異性」や「移行性」といった用語の意味をよく明確にすることが必要だと考えます。なぜなら、私たちの見解では、これらの話題を議論する際に、しばしば誤解が生じることがあるからです。

サッカーにおける学習プロセスは、他のスポーツやあらゆるタイプの能力と同様に特異的です。私たちは特定のことを行う方法を学びます:ボールをジャグリングする、対立なしでボールをコントロールする、個別にマークする、または7vs7の状況で対戦相手の隙間を攻撃するなどです。サッカー選手はトレーニングや試合でうまくプレイするために多くのコンセプトをマスターする必要があります。これらのコンセプトを整理し、選手が子供の頃から引退するまで学ぶ必要があります。選手は異なる段階を経て、それぞれの段階で他よりも教えるのに適した内容があります。他のスポーツでは、例えば水泳のスタイルや体操の特定のジャンプのようなクローズドスキルを教えるとき、アスリートはトレーニングセッションで練習したものを競技中に実行する際に何も変更する必要はありません。

しかし、サッカーではこれがまったく異なります。ボールをパスするや試合中にボールをコントロールするなどのオープンスキルについて話すとき、サッカー選手はトレーニングセッションからのすべての学びを使用し、それぞれのアクションの要求に合わせてそれらを適応させる必要があります。このプロセスが私たちが呼ぶ学習の移行です。

トレーニングドリルの例。ユース。方法論。レッスン2。エッコーノ・コーチズ・アカデミー会員。

これを考慮に入れると、これらの学習(これらは常に特定のものになる)が競技に近いほど良いです。そのため、私たちは幼い頃から子供たちにサッカーに必要なすべてのスキルをトレーニングするべきだと提案しているように見えるかもしれませんが、そうではありません。これは子供たちが-彼らの身体的および認知的能力が許さないため-集団でのスペースの作成や利用、空中での対決などの内容を学ぶことができないからです。

そしてこの点で、子供や若者をコーチすることに関して行き止まりに達したように見えます。一方で、2番目の段落で私たちはすべての学習が特定でなければならず、コーチとして私たちは選手にゲームの現実に近い能力を学ばせたいと述べました。しかし、選手の成熟度の欠如 – 物理的または認知的 – により、私たちは望むすべてのコンテンツをトレーニングすることができません。

そのため、多くのコーチは初期段階で非特定のコンテンツをトレーニングすることを選択します。例えば、コーンを通してドリブルをする、対立なしでチームメイトにボールをパスするなどです。そして、実際には、子供たちは後に実際の競技に簡単に移行することができない特定の能力を学んでいることになります。なぜなら、例えばコーンを越えてドリブルする難しさは、相手を追い越す難しさとは非常に異なるからです。

「エッコーノメソッドが提案するのは、常に特定のコンテンツをトレーニングし、各年齢の選手の適性に合わせて段階別に整理することです。」

エッコーノメソッドが提案するのは、常に特定のコンテンツをトレーニングし、各年齢の選手の適性に合わせて段階別に整理することです:イニシエーション、スペシャライゼーション、パフォーマンス。選手が非常に若いとき、例えば、私たちは選手に対戦相手からボールを守る方法やそれを追い越す方法をトレーニングします。その後、少数のチームメイトと対戦相手がいるトレーニングドリルで、有利にチームメイトにボールをパスする方法を教えます。選手が年を取ると、チームメイトの守備カバレッジのようなコンテンツを計画します。そして最終的に、選手は特定のゲーム構造によって生み出された空間的利点を使用する能力(例えば、GK-4-3-3 vs GK-4-4-2)を学びます。

実際に私たちが提案しているのは、常に特定のコンテンツをトレーニングすることです。違いは、最初に選手がより単純な能力をトレーニングし、年を取るにつれてより複雑なものを学ぶようになり、サッカーゲームの現実から遠く離れた能力をトレーニングするのにあまりにも多くの時間を無駄にしないことです。

トレーニング方法論についてもっと学びたいですか?

トレーニングに使用できるさまざまな方法論や、選手の年齢とスキルレベルに合わせてコンテンツをどのように適応させるかについてもっと知りたい場合は、以下の2つのオプションをお勧めします:トレーニング方法論コース(10時間)と、会員制サービス内のユースセクション。

トレーニング方法論コースでは、エッコーノメソッドに従って独自のトレーニングドリルやセッションを作成する方法を説明し、選手の年齢とスキルレベルを考慮に入れます。このコースでは、トレーニングセッションの最初の部分と主要な部分で使用すべき要素を詳しく説明します。また、セッション中の情報管理方法と、トレーニングセッションと競技中に適用する行動指針を示します。

また、会員制サービス内で提供しているユースセクションをチェックすることをお勧めします。内容は4つのブロック(方法論、計画、ゲーム分析、身体適応)に分かれており、それぞれに8〜10のレッスンがあります。これらのレッスンでは、若い選手のトレーニングセッションの設計方法、選手の年齢に基づいて各コンセプトをいつ教えるべきか、攻撃的および守備的フェーズにどのようなタイプのコンセプトを教えるべきか、若い選手の身体状態をどのように改善するかを学びます。各レッスンの最後には、最大限の理解を確保するために自己評価アクティビティまたはクイズがあります。

このリンクに従って、さらに多くの情報を見つけてください。

タイトル

Go to Top