fbpx

グラハム・ポッターのブライトン

ライブイベントをお見逃しなく

"ウェビナーやコースに参加して、エキスパートコーチになりましょう

グラハム・ポッターは彼のチームをコーチングしています。

グラハム・ポッターの下で、ブライトンはプレミアリーグのシーズンで最も注目されたチームの一つでした。素晴らしいスタートを切り、ホームでレスターに2-1で勝利したり、アンフィールドでリヴァプールと2-2で引き分けたりした後、グラハム・ポッター率いるチームの未来は明るいものに見えました。そして、それは結果だけではなく、素晴らしいサッカーをして達成した方法も注目されます。私たちは彼らのゲームのいくつかを分析し、いくつかの興味深い結論を抽出しました!

or log in to watch in video

ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンについて考慮すべき最初の側面は、彼らがボールを動かした方法、つまり彼らのボール循環です。彼らは内側から外側への循環を非常にうまくコントロールしており、それによって守備ライン上でスペースを作り出すのに役立ちました。以下に、アンフィールドでリヴァプールに対して彼らが最初のゴールを作り出した方法の例を示します。ロバートソン(LB)を内側に引き付け、マーチ(RW)がフランクで時間とスペースを持ってムウェプ(CM)にアシストするのを可能にしました。

グラハム・ポッターの下で、ブライトンは内側から外側へのボール循環戦略を活用しました。

2021.11.01 Brighton 1a. Outside-Inside

グラハム・ポッターの指導下で、ブライトンは内から外へのボール循環戦略を利用しました。

2021.11.01 Brighton 1b. Inside-Outside

ブライトンの攻撃ゲームのもう一つの鍵となる側面は、彼らがセンターバックの近くで2人のプレイヤーをベースにしてビルドアップし、少なくとも他に2人のプレイヤーをポケットに配置し、ミッドフィールドに四角い構造を形成する方法でした。これにより、彼らは短いパスをプレイするための多くのオプションを持つと同時に、ポケットへ直接深くプレイすることもできました。

グラハム・ポッターは、最近の時代において、ミッドフィールドに四角い構造を使用した最初のコーチの一人で、ベースに2人の選手とポケットに2人の選手を配置しました。

2021.11.01 Brighton 3. Structure

彼らがそれらのスペースをどのように占め、通常どの選手がそれらを占めているかという点も、ブライトンについての非常に興味深い詳細です。これについては、私たちのキャンパス内のビデオで説明しています!

タイトル

Go to Top