fbpx
攻撃局面のゲーム分析
10,000円割引になります。 開始前にコースを購入してください...
0
0
0
0
Days
0
0
Hrs
0
0
Min
0
0
Sec

攻撃局面のゲーム分析

10,000円割引になります。 開始前にコースを購入してください...
0
0
0
0
Days
0
0
Hrs
0
0
Min
0
0
Sec

レヴァンドフスキ:ゴールスコアリングマシン

ライブイベントをお見逃しなく

"ウェビナーやコースに参加して、エキスパートコーチになりましょう

ロベルト・レヴァンドフスキはFCバルセロナにかなりの影響を与えました。このポーランド人ストライカーは、得点能力だけでなく、ゲームへの驚異的な理解を証明しました。

FCバルセロナでの最初のシーズンにおいて、ロベルト・レヴァンドフスキは彼が世界クラスの得点マシンであることを証明し続けています。レヴァンドフスキはシャビ・エルナンデスのシステム内で不可欠な選手であり、同時にチームメイトにとっての模範でありリーダーであることを示しています。この分析では、ゲームのさまざまな状況を理解し、多くのゴールを決めることができるようにするレヴァンドフスキが行使する主要なストライカーの原則を説明します。

ログインしてビデオで視聴

レヴァンドフスキが行使する最初の主要原則は、ボールに対する彼の動きに焦点を当てています。詳しく言うと、レヴァンドフスキは「ポケット」に下がることで自分自身のためにスペースを作り出すことができます。「ポケット」とは、例えば相手のミッドフィールダーとディフェンダーの間のスペースなど、ライン間のスペースとしても知られています。この行動を行うことで、レヴァンドフスキは数的優位を作り出しながらチームメイトとプレーを連携することができます。

ポケットに下がることによって、レヴァンドフスキはまた、ディフェンダーの間に疑念を生み出すことができます。彼らは彼に付いていくべきかどうか不確かになります。ディフェンダーが彼に付いていくことを選択した場合、この行動は相手の守備ラインのアンバランスを生み出し、レヴァンドフスキがこの新しいスペースを利用することを可能にします。ここで、レヴァンドフスキはしばしばポケット内でボールを受け、より少ない困難で得点する姿が見られます。他の状況では、レヴァンドフスキがゲームのユニークな状況に自分自身を適応させ、チームメイトのためにスペースを作り出すことを決定していることが見られます。

1. Link play 2

1. Link play

レヴァンドフスキが守る第二の原則は、完璧なタイミングの走行の実行です。詳しく言うと、ペナルティエリア内に位置する際、レヴァンドフスキは相手のディフェンダーの間で走行を行うことができます。この走行はディフェンダーに彼を追いかけることを強いるため、レヴァンドフスキのチームメイトはペナルティエリア内で自由になり、バルセロナは迅速なペナルティエリア内の動きと走行のおかげでより多くのゴールを決めることができます。

2. Runs for teammates

レヴァンドフスキが守る第三の原則は、ディフェンダーの盲点で走行し、彼らに対して顕著な優位を得ることです。レヴァンドフスキはしばしば素早くペナルティエリアを観察し、パスやクロスを受ける前に未覆いのエリアを特定します。これにより、彼はディフェンダーの盲点から接近するときに、相手のディフェンダーに対して重要な優位を持って、ファーストポストまたはセカンドポストに攻撃することができます。バルセロナでのレヴァンドフスキの最初のシーズンを通じて、これらの種類の走行は非常に効率的で致命的な得点機会であることが証明されています。

3. Blind side 2

3. Blind side

最後に、レヴァンドフスキは予測の原則も行使しています。具体的には、彼にプレーされるクロスやパスの適切なタイミングを特定し、それを相手のディフェンダーよりも先に予測することができます。彼はペナルティエリア内での適切な速度と位置の変更を通じてこれらの行動を予測することができ、それにより相手に反応する時間を与えません。

4. Anticipation

これらのストライカーの原則を適切に実行することにより、レヴァンドフスキはFCバルセロナでゴールを決める際に非常に成功しており、同時に彼のチームメイトも彼と一緒に勝利を収めています。これにより、FCバルセロナはより多くの攻撃的なチャンスを創出し、全体的により積極的なプレースタイルを持つようになります。

Ekkono Coaches Academy x Metrica Sports

ad banner to get a lifetime free plan to elevate performance with video & data analysys, of @metricasports

タイトル

Go to Top