fbpx
攻撃局面のゲーム分析
10,000円割引になります。 開始前にコースを購入してください...
0
0
0
0
Days
0
0
Hrs
0
0
Min
0
0
Sec

攻撃局面のゲーム分析

10,000円割引になります。 開始前にコースを購入してください...
0
0
0
0
Days
0
0
Hrs
0
0
Min
0
0
Sec

オリンピック・リヨン: ヨーロッパプレッシングの女王

ライブイベントをお見逃しなく

"ウェビナーやコースに参加して、エキスパートコーチになりましょう

リヨンのチームはチャンピオンズリーグの勝利を祝っています。

オリンピック・リヨンは最近、ユベントススタジアム(トリノ、イタリア)で行われた決勝でFCバルセロナ(3-1)を破り、自身の8回目のUEFA女子チャンピオンズリーグトロフィーを獲得しました。フランスのチャンピオンは、バルセロナが試合全体を通して快適なビルドアップを行うことを許さない、非常によく組織されたプレスをゲームプランの基盤としました。

この分析では、リヨンがどのように自分たちの守備構造を構築したかを説明しようと思います。

ログインしてビデオで視聴

彼女のプレッシングの最初の原則は、アダ・ヘーゲルベルグが通常、プレッシャーを開始するトリガーである方法です。彼女は、相手の攻撃をサイドの一つに導き、センターバック間のパスをブロックする素晴らしい仕事をします。この場合、彼女がボールホルダーのマピ・レオンにプレッシャーをかけ、イレーネ・パレデスへのパスをブロックする様子が見られます。

これにより、オリンピック・リヨンはピッチのより小さい部分にプレッシングを集中させることができ、ウィンガーやミッドフィールダーがボールを受け取る可能性のある選手に近づくことができます。このようにして、OLはUWCL決勝で、ビルドアップフェーズで最高のチームの一つであるバルサに多くの問題を作り出しました。

オリンピック・リヨンのストライカーは、反対側へのパスラインを閉じることを確実にすることでプレッシングを開始します。

1. Guide pressure

2. Mark passing option

リヨンのハイプレッシングの2つ目の特徴は、プレッシングの準備ができているプレイヤーがピッチ上に配置される方法です。他のコーチたち、例えばハイプレッシング時に個別マーキングを使用するマルセロ・ビエルサとは異なり、ソニア・ボンパストールのチームは選手を対戦相手の間に位置づけることを好みます。

この方法により、対戦相手のプレイヤーとの距離を適応させ、彼らがボールを受け取る可能性が高いときに近づくことで、リヨンは非常に効率的なスパイダーウェブを構築し、多くの場面で対戦相手の進行を止め、ボールを回収することに成功します。以下の画像では、レ・リヨネーズの3人の選手がレ・キュラーズの5人の選手までを守ることができる様子が見られます。

ボールから遠い位置にいるオリンピック・リヨンの選手たちは、プレイヤーの間に位置し、近くの対戦相手がボールを受け取ろうとしているときにプレスの準備をします。

3. In between players

最後に、オリンピック・リヨンはボールを失ったときにも非常に積極的なチームです。チャンピオンズリーグ決勝の開始から、彼らはプレイヤーが前進し、ボールホルダーを囲むような非常に激しいカウンタープレスを適用しました。これに加えて、最も近いパスラインをブロックする追加のプレイヤーがいたことで、リヨンは相手陣地で速やかにボールを回収することができました。

以下に見ることができるように、3人の選手がボールホルダーを囲んでおり、ボールをプレイするためのオプションを考えたり探したりする時間がありません。この場合、リヨンはボールを回収することはできませんでしたが、バルセロナの攻撃を妨害し、センターバックから再スタートしなければなりませんでした。その状況では、先に見たように、再びハイプレッシャーをかける準備ができていました。

ボールを失った後、オリンピック・リヨンの選手たちは素早くプレッシングを開始し、ボールを回収するためにアクティブになります。このカウンタープレスはソニア・ボンパストール率いるチームの主要な特徴の1つです。

4. Counter press

オリンピック・リヨンは、UEFA女子チャンピオンズリーグを8回制覇し、過去7回のうち6回ものタイトルを獲得しています。これは、我々が以前に分析したようにエイダ・ヘゲルベルクに率いられる卓越した攻撃力だけでなく、この分析で見たように彼らの守備能力のためでもあります。フランスのチャンピオンは、非常に調整された強力なプレスをかけることができ、FCバルセロナなどのビルドアップを熟知したチームにさえ問題を起こします。

タイトル

Go to Top