fbpx
攻撃局面のゲーム分析
10,000円割引になります。 開始前にコースを購入してください...
0
0
0
0
Days
0
0
Hrs
0
0
Min
0
0
Sec

攻撃局面のゲーム分析

10,000円割引になります。 開始前にコースを購入してください...
0
0
0
0
Days
0
0
Hrs
0
0
Min
0
0
Sec

ラルフ・ラングニックとレッドブル・ファクトリー

ライブイベントをお見逃しなく

"ウェビナーやコースに参加して、エキスパートコーチになりましょう

ラルフ・ラングニックがマンチェスター・ユナイテッドをコーチしています。

ラルフ・ラングニックは、2012年にレッドブルのサッカーディレクターとして加わり、ヨーロッパでの展開(ザルツブルク&ライプツィヒ)を支援するためでした。ラングニックは、現在多くのトップチームに広く使用されているハイプレスゲームの設計者として評価されています。ユルゲン・クロップ、トーマス・トゥヘル、ユリアン・ナーゲルスマン、ハンジ・フリック、ラルフ・ハーゼンヒュットル、ジェシー・マルシュなどのコーチたちは、彼の影響をさまざまな程度で受けています。

この分析では、レッドブルが提案するゲームモデルの主要な特徴を説明しようと試みます。特にバイエルン・ミュンヘン(ナーゲルスマン)とリーズ・ユナイテッド(マルシュ)に焦点を当てています。

ログインしてビデオで視聴

レッドブルのゲームモデルは、攻撃的および守備的なトランジションに高い重要性を置いています。私たちはこの分析を後者から始めます。ボールを失った時、バイエルン・ミュンヘンとリーズ・ユナイテッドはいずれも高強度のプレッシャーをかけます。

バイエルンから始めると、彼らがボールの近くに多くの選手を持っているのを見ることができます。これにより、ボールを失った直後にプレスをかけることができます。また、対戦相手のチームが進行し、前方の選手とプレイできる場合、バイエルンは近くのスペースで4-5人の選手でプレスをかけます。これは、ボールを受け取る選手が簡単に回転したり、チームメイトにプレイしたりする簡単な解決策を持たないようにするためです。この迅速で激しいプレスにより、彼らは試合中に何度もボールを回収し、ゴールチャンスにつながります。

One of the Red Bull's game model main points is the counterpressing or gegenpressing in german. This has been applied by Nagelsmann and Jesse Marsch in their teams

1.-Counter-Pressing-bayern-

During his time at Bayern Munchen, Julian Nagelsmann applied fierce and intense counterpressing to recover the ball

1.-Counter-Pressing b

ジェシー・マルシュの下でのリーズ・ユナイテッドも同様のアプローチを持っています。マルシュのカウンタープレスの興味深い特徴は、彼が選手にボールを失った後にスプリントするよう要求する方法です。これは個々の努力ではなく、集団的なものです。アメリカ人コーチは、選手たちにこの最高速度の努力をグループで行うよう求めています。彼は、ニューヨーク・レッドブルズの選手サル・ズィゾがこの団結について、そして単一の選手でプレスすることとグループでプレスすることの違いについて彼に話したことに基づいて、これらの努力を「サルの定理」とさえ名付けています。

以下で分析された例では、ダニエル・ジェームズとロドリゴ・モレノがターンオーバーになりそうな長いパスの後にスプリントするのが見られます。この集団的な努力により、彼らはボールを回収し、最終的に得点することができます。2番目の画像では、抜かれた後に2人の選手がスプリントして戻ることで、カウンターアタックを止めることができます。

リーズでのジェシー・マルシュは、彼のチームがボールを失った後、選手にスプリントや高強度の走りをさせ、相手にプレッシャーをかけるよう要求しました。

1. Counter-Pressing sprint

1. Counter-Pressing Leeds

レッドブルのコーチが守る攻撃的なトランジションには、2つの原則があります。最初の原則は、ボールを回収した後、ボール保持者に明確なパスライン、明確なサポートを提供する選手がいなければならないということです。2番目の原則は、別の選手がスペースを攻撃し、守備ラインに開けられた隙間を占めることを確実にする必要があるということです。

これら2つの原則の組み合わせのおかげで、バイエルンとリーズは多くのチャンスを生み出し、頻繁に得点することができます。以下で、このプレイで、バイエルンが回復した後、レロイ・サネがチームメイトに明確なサポートを提供し、ロベルト・レヴァンドフスキがウニオン・ベルリンの守備に開けられた隙間を攻撃している様子が見られます。

攻撃的なトランジションにおいて、ナーゲルスマンは選手に足元でのサポートを提供するとともに、スペースを攻撃することを求めます。

2. OffTransition support feet

攻撃的なトランジションにおいて、ナーゲルスマンは選手に足元でのサポートを提供することと、スペースを攻撃することを求めます。

2. OffTransition attack gap

この原則は、ジェシー・マルシュと彼のリーズ・ユナイテッドも同様に守っており、ラルフ・ラングニックがこれらのコーチやレッドブル・ファクトリー全体に与えた影響の大きさを証明しています。攻撃的および守備的なトランジションを通じてゲームを支配すること、またゲーゲンプレッシング(カウンタープレス)などの概念は、ここ数年で流行するようになった概念です。

タイトル

Go to Top