fbpx
攻撃局面のゲーム分析
10,000円割引になります。 開始前にコースを購入してください...
0
0
0
0
Days
0
0
Hrs
0
0
Min
0
0
Sec

攻撃局面のゲーム分析

10,000円割引になります。 開始前にコースを購入してください...
0
0
0
0
Days
0
0
Hrs
0
0
Min
0
0
Sec

広範囲の攻撃トランジション

ライブイベントをお見逃しなく

"ウェビナーやコースに参加して、エキスパートコーチになりましょう

私たちのソーシャルメディアの投票でのリクエストに応じて、この分析のトピックを選択しました:フランス対イングランド。これら二つのヨーロッパの強豪国の間の準々決勝は、真のスペクタクルを提供し、フランスが巧みな戦術を通じてイングランドを克服し、ワールドカップの夢を続ける方法について深く掘り下げる機会を与えました。この分析とともに、ワールドカップ準決勝進出チームの残りの類似の戦術パターンについても見ていきます。フランス、クロアチア、モロッコ、アルゼンチンは、彼らのプレースタイルを形作り、ワールドカップのトップ4チームの一部となった「隠れた鍵」を共有しています。

現在のワールドカップチャンピオンであるフランスは、これまで非常に堅実なトーナメントを行っています。ベンゼマ、ポグバ、カンテ、マイニャン、ンクンクなどのスター選手がいなくても、彼らは品質と効率で最高レベルで競争することができることを証明しています。ディディエ・デシャン監督は、攻撃的な強度と守備的な堅固さを備えたバランスの取れたチームを作り上げることができました。

ログインしてビデオで視聴

イングランドとの試合で、フランスは非常に賢明であり、攻撃的なトランジションを通じてほとんどのチャンスを作り出しました。しかし、特に何がそれらのトランジションをそんなに危険にしたのでしょうか?

それは彼らがまず幅を確保する方法、特にエムバペとデンベレと共に、深く攻撃する前にでした。したがって、ストーンズとマグワイアに激しくマークされていたジルーに直接プレーする代わりに、彼らは最初にトランジション中にイングランドの守備を広げるためにウィングにプレーしました。これらの動きは攻撃時に幅とスペースを作り出し、エムバペとデンベレがピッチの最終3分の1に有利な状態で到達することを可能にする良い一対一の対決を可能にしました。これらの状況では、彼らはボックスにクロスしてチャンスを作り出すことができました。見られるように、デシャンは彼の選手に要求します。アントワーヌ・グリーズマンがフランスに必要な創造的な役割を果たし、多くの場合でウィンガーに有利を提供することで、これらの行動が起こることを可能にすることは重要です。

以下のアクションで、フランスはまずグリーズマンを通じて中央を攻撃し、その後ウィングに開き、デンベレが相手を追い越してボールをジルーにクロスし、エムバペもボックスを攻撃しています。アクションの鍵は、グリーズマンが最初に両センターバックにマークされているジルーに深くプレーしないことで、マグワイアがゾーンから動き出し、デンベレのクロスにジルーに有利を与えることです。

1. FRA off trans keep width and arrivals to the box

フランスがウィンガーとの速い1対1の状況の後、フランクで進行できない場合、彼らはイングランドの守備の隙間を見つけて攻撃する能力でイングランドに対する利点を見つけることができました。これらの隙間は、トランジションでまず幅を確保することによって作られ、イングランドの守備を広げることになりました。フランスの攻撃選手は、イングランドの守備の間の重要なスペースを特定し、これらの隙間の間で危険な走行を行うことができました。これらの選手はその後、フランスの守備からの見事な斜めと地面に接するパスを受け取り、攻撃を容易にしました。以下の写真で見られるように、エルナンデスがボールを回収し、フランクのエムバペにプレーし、彼は相手を追い越すことができませんが、ストーンズとマグワイアの間の隙間を見て、カウンターアタックでジルーに深くプレーし、ゴールに向かって進行します。この動きはイングランドの守備を驚かせ、組織化されていない状態を見つけ、効率的なフランスの攻撃に貢献します。このような行動は、両チームが高い攻撃的なメンタリティを持っていたため、試合全体を通じて重要でした。しかし、フランスはトランジション中に振幅を作り出し、相手の守備の隙間を効率的に特定し、迅速な動きで攻撃することができたため、イングランドよりも効率的でした。攻撃的なトランジションにおいて優れていることが証明されました。

2. FRA off trans keep width and attack the gaps

この分析の冒頭で述べたように、メインの焦点はフランス対イングランドの試合を分析することでしたが、このワールドカップの他の準決勝進出チーム、特にモロッコとクロアチアも、彼らの試合中にこのパターンを適用しています。まずはこのワールドカップのサプライズであるモロッコから始めましょう。ミッドブロックやローブロックでの守備を習得するだけでなく、攻撃的なトランジションにおいても最適です。フランスと同様に、モロッコもトランジションで最初に幅を確保した後に深くプレーするというコンセプトを適用しており、通常はエン・ネシリにプレーしています。エン・ネシリは、相手の守備ラインで開かれた隙間で優れたマークを外す動きを提供しています。このタイプのアクションで最初に幅を取るとき、ボールホルダーはより多くのパスオプションを持つため、守備ラインを突破して得点する確率が高くなります。また、攻撃に幅を与えるモロッコの選手、通常はジエクとブファルも、1対1の状況で相手を打ち負かした後、有利な状況でクロスする可能性が高くなります。

以下の2つの例の最初の例で示されるように、モロッコは幅を取ってから再び中央の通路にスペースを見つけます。その時点で、エン・ネシリとアッティヤット・アラーはポルトガルの守備ラインを引き延ばし、アッティヤット・アラーに再び深くプレーするための隙間をオウナヒに開けさせます。アッティヤット・アラーはアクションを終了することができます。

二つ目の例では、ブファルがフランクで回復し、2人の相手を打ち負かした後に進行を続けます。エン・ネシリはルーベン・ディアスとゲレイロ(LB)の間の大きな隙間を検出します。ゲレイロは守備に戻るのに十分な時間がなく、ディアスから離れて隙間を攻撃します。この場合、エン・ネシリは最大の幅を提供しているわけではなく、最適な幅を提供しています。つまり、プレーが有利に進行するために必要な幅を提供しています。アクションはオウナヒによるロングショットで終了します。再び、これらのアクションは非常に速いペースで行われ、反対の守備が混乱状態にあるため、最初に幅を確保した後に深く進行することが重要です。モロッコはこれが彼らの主な利点の一つであることを明確に理解しているため、フランスとの準決勝でもこれを行うことが期待されます。

3. MOR of trans keep width and attack gaps

4. MOR off trans keep optimal width

準決勝進出したクロアチアも、効率的な攻撃的なトランジションを行い、それによりブラジルとの試合(1-1)でペナルティーシュートアウトに持ち込むゴールを獲得しました。再び、このタイプのアクションはトーナメントのベストチームの中に存在しており、フィールドでの成功の鍵として繰り返しパターンと見なすことができます。見ての通り、クロアチアは幅を確保し、適切な1対1の状況を通じてピッチの最終3分の1に進行することができます。この攻撃では、ペリシッチがウィングのチームメイト、オルシッチにボールを開け、彼が今ボックスにいる他のチームメイトを見つけるために低くクロスします。再び、最終3分の1で利点を生み出した後に決意を持ってボックスを攻撃するこのパターンを見ます。この場合、クロアチアはボールを待っている3人の選手を持っており、クロスが来ると、ブルーノ・ペトコビッチが得点します。クロアチアは試合をタイにし、ペナルティでブラジルに勝ち、2回連続のワールドカップ準決勝に進出します。

5. CRO offensive transition keep width and arrivals to the box A

5. CRO offensive transition keep width and arrivals to the box B

この分析で見られるように、ワールドカップで最も遠くまで進んだチームは、彼らの試合全体で類似のパターンを実行します。これらのパターンは攻撃的なトランジションに関連しており、試合が非常に複雑なときに効果的であることが証明されています。言い換えれば、このワールドカップは、攻撃的なトランジションで幅を確保することがチームを勝利に導く鍵になる可能性があることを示しています。コーチとして、この知識を私たち自身のチームに適用し、それが個々の選手とチームのパフォーマンスにもたらす利益を見ることができます。この鍵は私たちの競争レベルを豊かにし、大きく改善することができます。

Ekkono Coaches Academy x Metrica Sports

ad banner to get a lifetime free plan to elevate performance with video & data analysys, of @metricasports

タイトル

Go to Top