fbpx

少ないことが多い:イングランドが歴史上最高のEUROカップで勝利

ライブイベントをお見逃しなく

"ウェビナーやコースに参加して、エキスパートコーチになりましょう

Englandは、シンプルだが実行力のあるゲームモデルを適用することで、UEFA EURO 2022で勝利しました。

WEURO 2022は先週終了し、多くの理由から歴史上最高の大会となりました。身体的および技術的なレベルが非常に高く、どのチームも調子を崩すことなく競技を行いました。そのため、テレビの視聴率やスタジアムの入場者数が非常に高かったのです。いずれにせよ、私たちが最も興味を持っているのは、この大会の戦術的な分析です。この短い記事では詳しく掘り下げるスペースはありませんが、私たちの視点から最も重要ないくつかの側面について話します。

まず第一に、この大会は集団の提案に多様性を示したヨーロッパ選手権であることに注意すべきです。一部のチームは非常に組み合わせの多いプレースタイルを選択し、他のチームはより直接的なモデルを選択し、一部のチームはこれらの2つのオプションの混合物を選択しました。

より組み合わせの多いゲームモデルを展開しようとしたチームの中で、スペイン代表が目立ちました。チームはおそらく得点能力が最も高い2人の選手(アレクシア・プティエラスとジェニファー・エルモソ)の欠場に心理的な影響を受けたかもしれませんが、スペインは勇敢でスペクタクルなスタイルを披露し、攻撃の意欲が明確なアプローチを見せました。対戦相手に応じたアプローチやプレーする選手に依存することがあり、オリエンテーションの変化を活かそうとしました(ウィングのスペースを作り、占拠し、相手のフルバックに対して攻撃を仕掛けたり、危険なクロスを送ったりしました)。

時折、数的優位性や空間的優位性を作り出すことを試み、相手チームの守備ラインが空いたスペースにプレーを持ち込すことを試みました(無防備な動き、サポート、ミッドフィールダーやセントラルバックからのディープパスを使用したりしました)。スペインは2つの決勝進出チームにしか負けなかったチームで、最も多くの攻撃戦略を実施しようとしたチームであり、多くのことを非常にうまくやりましたが、確実に優れていることはなかったでしょう。

「最終的に成功したチームは、追従すべきパターンが少ないゲームモデルを提供しましたが、優れた方法でトレーニングされ、量よりも質を重視した提案であり、問題の解決に役立たないものはすべて排除されました。」

ドイツは、よりバランスの取れた提案を示したチームでした。彼らのコーチは、効果的に3つのことを試みたモデルを準備しました。まず第一に、彼らはブロックとしての守備で際立っており、異なるラインの選手間の距離と、ライン間の距離を常に最適にしようとしました。相手が後ろ向きにプレーする際、ブロックを前に移動させるための非常に良い調整力を見せ、常に相手選手のボックスを解放しようとしました。そして、プレスの動きで他の選手と切断しないよう心がけました。

第二に、ドイツはフィールドの内側のゾーンで連携プレーを見せました。つまり、スペースの占有とリスクを冒すことなく進展するためのボール循環戦略を展開しました。

そして第三に、ドイツは相手のボックスを最も効果的に攻撃したチームでした(複数の選手の到達、相手ゴールキーパーから遠くにクロス、ボールの軌道に攻撃的にアプローチする選手、アクションを終了する決意など)。

一方、イングランドは、より限定的なレパートリーを披露しました。彼らの強みは、一方で選手たちが過度のリスクを冒すことなく進展するための共通の解釈コードを使用して、運攻や守備のフェーズで同じ信号を識別したこと(選手たちは、自身の物理的なポテンシャルを活用できるようになりました)。一方で、相手のブロック内で攻撃と進展を積極的に行う攻撃性も示しました。通常、守備フェーズのシチュエーションやエピソードに関連する攻撃性について話すことがあります(プレス、個人的なマーキング、タックルなど)、しかし、イングランドはこの大会で攻撃フェーズで非常に攻撃的である重要性を示しました。

このように、ミッドフィールダーのサポート、フォワードのアンマーキングムーブメント、セントラルプレーヤーのアドバンテージを生成するためのドリビング、ワイドプレーヤーのクロスシチュエーションを作り出すムーブメント、アドバンテージを持つチームメイトへのパス、相手のラインを超えるのに役立つファーストタッチ、アクションを終了する決意などが、彼らの主要な質の一部でした。それは、連携攻撃のゲームを実施する(スペインとドイツのように)が、より攻撃的な個人および集団戦術の意向を持っているイングランドの主要な特徴でした。

最終的に成功したチームは、追従すべきパターンが少ないゲームモデルを提供しましたが、優れた方法でトレーニングされ、量よりも質を重視した提案であり、問題の解決に役立たないものはすべて排除されました。なぜなら、少ない方が良いからです。

タイトル

Go to Top