fbpx

「システム対システム」:戦術的な利点を得る方法

ライブイベントをお見逃しなく

"ウェビナーやコースに参加して、エキスパートコーチになりましょう

はじめに

専門化段階(U14)から、コーチはチームに「システム対システム」という考え方を導入し始める必要があります。この考え方は、彼らが対戦するさまざまな構造に対して良いチームパフォーマンスを発揮するために重要です。攻撃と防御の両方で適用可能なこの概念は、対戦相手の構造に基づいてゲームでの利点を特定または創出することを目的としています。この記事では、さまざまな状況を分析し、それらを解決するための潜在的な解決策を説明します。

ミッドブロックに対するビルドアップ

ビルドアップでは、数的優位を確保するというチームの原則が必要です。もちろん、このシナリオは、ミッドブロックで守るチームに対峙している場合には異なります。というのも、この数的優位を作り出すためにゴールキーパーを頼ることができないかもしれないからです。そこで、後者に焦点を当てましょう。 私たちのチームは、4-4-2構造で守るチームに対して4-3-3システムでプレイしています。したがって、私たちのセンターバックは彼らの2人のストライカーに対して数的優位を持っていません。

System vs System

このアクションでは、バイエルン・ミュンヘンが4-4-2のレアル・マドリード構造にどのように対抗しているかを見ることができ、センターバックは数的優位を持っていません。

「システム対システムは、異なる構造に対する良好なチームパフォーマンスにとって重要です。この概念は攻撃と防御の両方で適用可能であり、対戦相手の構造に基づいてゲームでの利点を特定または創出することを目指しています。」

課題:一つの原則を確保しつつ、他の原則を損なわない

通常の解決策の一つとして、ホールディングミッドフィールダーをセンターバックの間に下げる方法を分析します。この解決策は、他の使用される方法と同様に、チームとして解決すべき課題を提示します。チームは、他の重要な原則を損なうことなく、各原則を確保する必要があります。例えば、最初のラインで数的優位を確保することが、異なる深さのレベルやエコノメソッドによって提案された空間の占有(詳細は「チーム戦術」コースを参照)などの他の原則に影響を与えないようにしなければなりません。

Ekkono – Performance Solutions (1)

エコノメソッドは、対戦相手の構造を考慮して、以下のように空間管理を分配することを提案しています。空間はその優先順位に基づいて分類されます。

解決策:

上記の課題を解決するために、他の選手を動かして追加の深さのレベルを作り、また空間5を占有する必要があります。いくつかの選択肢があり、それは選手の特性や対戦相手のチームに依存します。進行中のミッドフィールダーを一人動かす、進行中のミッドフィールダーとフルバックを動かす、または両方の進行中のミッドフィールダーを空間5に動かすことができます。最後のケースでは、その後、ストライカー、フルバック、またはウィンガーで空間3を再バランスする必要があるかもしれません。

これらの選手を動かすことは、彼らがゲームモデルをよく理解しており、新しいポジションでプレイするために必要な個々の基本をマスターしていることを意味します。そのため、変更されたシステムの要求に適応できる適切なプロファイルの選手を持つことが重要です。

BUILD UP STRUCTURES

4-3-3のビルドアップが4-4-2に直面するさまざまなバリエーションがあります。ホールディングミッドフィールダーをセンターバックに下げることで、空間の占有方法について異なる選択肢が開かれます。

結論

この記事で見たように、「システム対システム」はチームのパフォーマンスを最大限に引き出すために非常に重要な概念です。この記事ではビルドアップシナリオでの例を見ましたが、この概念は他の攻撃シナリオや、相手の攻撃システムに基づいた防御ブロック構造やハイプレッシング構造にも適用可能です。

「システム対システム」についてもっと学び、チームが可能なすべてのシナリオをマスターするのを助けたい場合は、「チーム戦術 II」コースに参加することができます。

このコースでは、現代サッカーで一般的な構造に対するすべてのシステムのシナリオを詳細に分析します。

この記事は元々英語で作成され、AI技術を使用して日本語に翻訳されました。精度を追求していますが、バージョン間でわずかな相違があるかもしれません。

すべてのコースやウェビナーの資料については、サッカーを専門とする専門の翻訳者によって専門的に翻訳されています。これにより、専門的なコンテンツの最高品質と精度が保証されます。ご理解いただきありがとうございます。フィードバックはいつでも歓迎いたします。

タイトル

Go to Top